読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かげひなたに咲く

先日、あとはアップするだけーの状態のブログ画面がふっと消えて以来、ブログの引っ越しを検討しています…というか前々からアメブロの内輪盛り上がり感は合わないなーと思っているのです。
でもめんどいんで今日もこのまま書きます。
なお、消えた記事とは別の内容です。


顔が左右非対称である。


人間少なからず、だれしもそうなんだけど(オードリーヘップバーンがめちゃ対称なんでしたっけ?w)、最近その左右のキャラの違いに驚愕しております。

キャラの違いってなんだよって感じですが。


めっちゃ端的に言うと、左顔が善人顔で、右顔が悪人顔。

片方ずつ隠してみると、ほんとちがくて、モナリザもいいとこです。でもミステリアスさはない。笑


誰しも少なからず非対称なことはわかるのです。
しかし、いまここにひしひしと顔に対して申し訳なさを感じている自分がいるのです。

なぜなら。私の右顔は、常に影の人生を送らされてきていた。そして左顔は、常に光の当たる人生であった。(深い)←いや、そうでもない


なにかっていうとね、要は、私の前髪の分け目って左寄りなんですよ。昔から。
なので、子供のころから前髪斜め分けだったのね。
もちろんその時々で、眉毛より上の前髪とかワンレンとかいろいろありましたけど、総じてだいたいの場合、前髪は右に流されているわけで、右半分は前髪によって隠されてきた歴史があるわけですよ。

そして、ここ最近は前髪ずっと伸ばしてて、顔にかかることも厭わなくなってきているわけです。
もう日陰中の日陰で過ごしてる。

それが原因か…?と思い始めてる。

なんで左右の違いを感じ始めたかというと、まつげ。
ビューラーでまつげを毎日(いや、一日おきくらい)上げるわけですけど、左目のまつげはパッと上がるのに対して、右目のまつげはなっかなか上がらない。
上がったか!と思うけど、次の瞬間うなだれてる。結果、全然パッとしない。
左目のまつげは、擬人化していえば、背筋をピンと伸ばして、張り切ってる。
右目のまつげは、頬杖ついてやる気なさげ。

それが、たまたまその日とかじゃなくて、毎回そういう態度なのです。
やる気が根本からない。


考えられる要因は、前髪だけではないのです。

私は左利きなので、化粧するときだいたいのものが左側から始まります。まぁこのへんは、利き手というより個人差ありそうだけど、私に関しては、左手で左側から仕上げてくのが毎日の流れ。

美容液乗せるのも、下地を乗せるのも、左頬→右頬。
眉毛書くのも、左側→右側。
アイシャドウも、アイラインも、左目→右目。

そうやって、右顔はずっと二番手を味わってきている。

さらに、右顔には前髪がつきものなものですから、「どうせ失敗しても前髪で見えないだろう」みたいな油断が常にあって、眉毛もアイシャドウもテキトーです。

たぶんそのへんです。右顔をこんな風に影の顔にしたのは。私が悪いんです。左右平等に愛するべきだったんです。

よく見ると、右目のほうが三白眼ぎみな気がする。もう完全に悪人顔が板についてきてる。

そしてねー、右顔のほうが少し細い。左顔は、善人顔と相まって、ぽちゃってる。
右顔のプライドを支えているのはこのあたりかもしれない。



ま、いろいろ書きましたがたぶん他人には分からないレベルなんだと思います。
自分の顔だといろいろ目につきますよね。


明日は忘れず、右顔から美容液塗ってあげたいと思います!!!