読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

甘い話(味覚的に)

最近食べることが心の支えになりつつある。

先日、甘酒にはまっていると言ったのですが、今も結構続いていてですね。

前は酒粕で作る甘酒を頻繁に作っていたのですが、お砂糖をめちゃめちゃ入れるのが気になって、米麹を発酵させるタイプの甘酒にシフト。炊飯器でお粥炊いてそこに米麹入れて数時間保温するというやつ。仕上がりもコメコメつぶつぶしていて、良い。。

ただあまりにコメコメした仕上がりのため、結局両方の甘酒を作って合わせて飲んでいる。栄養素?的にも、酒粕甘酒と米麹甘酒、足すのが良いんだってー。

そんな感じでですね、「飲む点滴」の異名を持つ甘酒のさらにハイブリッド甘酒を飲みまくっているので、健康状態というと・・・すごい肥え始めている気がする。健康にいいってなんだっけ。。

 

なんつーか、夜に甘いものが食べたくなって、飲んじゃうんですよね。

 

もう一つ甘い話(味覚的な)なんですが。

たまーーーにしか自分に許していないデザートがあるんですけど。

リッツにバニラアイスを挟んだやつ。(無名)

もー、塩気・甘味・塩気に、パリサク歯ごたえ・ひんやりとろり、パリサク歯ごたえのダブルで異素材。たまんないの・・・リッツの塩気が絶妙すぎて。あの商品すごいなまじで。

挟んだやつというか、自分で挟むんですけど。いくつか作って冷凍庫にストックしとくと、嬉しくって数日でなくなります。作り置きの意味。

そして!!ここでさらに楽しみなごちそうがあってですね。。

挟む過程で割っちゃったリッツとか、余ったリッツを器に入れて、余った(余した)バニラアイスをその器に入れて・・・ここまでだと、挟んでるかどうかだけの違いなのですが、そこに!!

はちみつをかけて食べるのが、もうホント・・・天国~~

砕けたリッツ、バニラアイス、はちみつ。

パリザク塩気、冷あまバニラ、とろり濃い蜜。

もう、絶対美味しいと思ったでしょ!?そう、マジでうまい。

リッツは賞味期限切れてても大丈夫だし、バニラアイスはスーパーカップで良いのですが、はちみつは好きな味のはちみつが理想。。今のはちみつ、友達が海外のお土産で買ってきてくれたやつで、ものっすごい気に入っているのですが、今の使いきっちゃったらどうしようという不安でいっぱいです。日本で売ってなさそう。

塩と醤油と味噌はけちらず美味しそうなのを買おうと最近決めたのですが、そこにはちみつを追加したい勢い。はちみつ高いよね。。

なんでこんなに高いんだろーと思うんだけど、あのさ、一匹のミツバチが一生かかって集めるはちみつの量って、ティースプーン一杯なんですってね。。。

そんなん、私ヨーグルト一杯につきミツバチ5匹くらい消費してるかもしれないんだけど。そりゃ高いよね。。。

 

ということで、ありがたみを感じつつ、日本で手に入るベストはちみつを見つけてゆきたい所存。

ただの日記(おもいつきつづり)

またまたお久しぶりです。

年度末、年度始めは、何かと動きがあって疲れますね。皆さまお疲れ様です。

 

そんなわけで、なかなかまとまったことを書く余裕がないのですが、というか書きたいことをまとめる余裕がないのですが、今日あったことや思ったことを短文で。

 

帰り道、電車に乗っていたら高校生で吹奏楽部と思われる子たちが隣の座席に座り、歌い始めた。若い子は歌う。よく歌う。音痴で歌が嫌いな私でさえ、学生時代は友達と歌って帰ったり鼻歌が止まらなかったりしたので、歌うってことは若いってことなんだなぁと思った。頭も心も体も、身軽であった。
今は、脳も体も、歌い出すほど軽やかではない。笑
これが歳取るってことなんだなぁと深く感じ入った。笑

 

まだまだ寒いと思い、革ジャンを着ていたけど世の中みんな春服着ててすごい。
そしてその代償に、服を見ていたら「そろそろ春服お探しですか??」と店員さんに聞かれました。暗に、冬服を着ていると言われた。着ています。

 

「ジーパンを取り寄せしてもらった者ですが…」とお店に入ったら、初め私だと気づかなかった店員さんが、一生懸命「アッなんか雰囲気違いますね!?日によってイメージ違いますね!!」と言ってくれるまでは良かったんだけど「いつも違う服着てて偉いですね!?」と言っていて、「私も服くらい洗います」と言いたい気持ちになりました。。いや、そういう意味で言ってくれたわけではないのはわかっているよ。。

そのあと、スカートを見ていたらその店員さんが来て「それ、すごくかわいいですよ!ていうか、スカート履かれるんですね!?」と言ったので、「スカート履きますよ」と言ったら「そうなんですね!!私の中では完全にパンツ履かれるイメージだったんで!!パンツ履いてるとこしか見たことない!!」と言っていて、あれ、うちらそんなにマブダチだったかな?と思ったのですが、まぁ数回しか入ってないお店なのにそんなに覚えていてくれてサンキュ★と思うことにします。

 

今日は、駅のあちらこちらで興奮気味に立ち話をするスーツ姿の若者がおり、おそらく新入社員研修帰りなのかな?と思います。目がキラキラしていた。あと、男性は7:3で青:赤のネクタイを締めていて、7:3で斜め線柄:チェック柄のネクタイを締めていました。

あーみんなこれから新しい環境で頑張っていくんだなー、とか、新入社員に限らず新しい環境に入らざるを得ない人いっぱいいるんだろうなー、と思ったら、思ったら、まぁ思っただけなんですけど。何だから大変で何だから大変じゃないということではないよね。(でもやっぱり新しい環境大変だよね。)私もそろそろ現実を見て頑張ります。頑張りますと書くときは、だいたい上の空なんですが。

 

 

ここ最近ブログの更新が鈍いわけですが、書きたいことはあるんだよー。

でも、なんつーか「アッこれを書いたらダメかも」みたいな三十路テーマが増え、恥ずかしくて書けないのです。匿名ブログをもう一つたてようか迷ってるんだけど、立てたらもうこちらに帰ってこない気がして怖いです・・・

 

また来ます。(いや自分のブログだけど)

日本語を勉強する回

よくスマホで無料のマンガとか読んでるんですけど、

今日もまたいつものように読んでいたらその中のセリフで

 

女「その話が本当なら・・・もしかして・・・」

 

男「あぁ。その『もしか』だ」

 

っていうのがあったんだけど。

 

 

「その『もしか』だ」

 

ってめっちゃひっかかるんだけど、一般的に言う・・・?

 

 

女「その話が本当なら・・・まさか・・・」

男「あぁ。その『まさか』だ」

なら全く違和感ないのですが。

『もしか』単体で見たことなかったので、もうマンガの内容とか、その『もしか』とやらの内容が全く頭に入ってこないぐらい気になっています。

軽くググってみたら、やはり「もしか‐したら」「もしか‐すると」という用法しか出てこなかったけど、一応「もし+か(係助詞?)+したら」となり、「もしかしたら」で一語ではないので、あながち100%おかしいとは言えないのかな・・・?

 

でも、めっちゃ違和感。

 

気になりすぎて、高校時代の電子辞書の電池を入れ替えしてまで調べたのですが(広辞苑)、「もしか」としての欄はあるものの、結局例文は「もしか‐したら」「もしか‐すると」用法しかなく・・・

うーん。。。

私が作者なら、「その『もしか』だ」が文法的に間違ってなくてもこんなに違和感感じさせるなら『まさか』に変えちゃうなぁ。語感的に女に「もしかして」って言わせたかったとしても。

 

と、納得のいく用法は得られなかったのですが、電子辞書で「もしか」を調べたら関係用語みたいなのに「もしかあんにゃ」という欄があり、字は「若しか兄」と書くのですが新潟で「次男」という意味なのだそうです。

「兄=長男=跡取り」なので、「もしかしたら跡取りになれるかもしれない」ということだそうです。まぁ、長男に何かあれば次男が跡取りになることもあり得るわけで・・・その通りなんだけど、なんつーか、めっちゃ露骨だな日本語って。。

裏を返せば跡取りになれなければ何にもならないことを、無言でめっちゃ前面に押してきてるというか。まぁ、実際そうだったみたいな話はよく聞くけどさ・・・

それ、言っちゃう?って感じだよね。

 

広辞苑によると、さらにその類語で、鹿児島のほうで「用心子」という言葉があって、これも次男、三男のことらしいです。もう、ほんっと露骨。笑

要は長男に何かあったらのために、という感じなのかな。

 

こういう語を見ると、昔の人って不条理に強すぎる。という驚嘆。

強いも弱いも、そういう世間だったからしょうがないということかもしれないけど。うーん。。

深い感想はひねり出せないのですが。。

 

 

まぁでも、こういうおまけがついてくるから辞書は楽しいよねー。広辞苑にはなんとなく心の信頼を置いています。

もしかして、辞書好きかもしれない。

うん、そのもしかだわ・・・

(ぎこちない)

にんにくの精

昨日、自炊しよと思っていろいろやってたんだけど、

鍋に火を付けてから、にんにく切るの忘れてた!!となり、焦って切ったのね。(火を一旦消して出直すという発想はない)

匂いが付くのがいやで、いつもはビニールの手袋付けたり、指先トング使ったりするんだけど、焦ってたから素手でいっちゃったわけ。ちょっとだし!と思ってさ。


そしたらさぁもう…!!


指先ににんにくの精が宿って、ちっとも成仏しない…!!

私の一挙一動に、にんにくの精がふんわりついてくる!!

鼻をかんではにんにくの匂い…

咳をしてはにんにくの匂い…


匂い!!気になる!!


控えめに言って、臭い。


でも料理だといい仕事しすぎて怒るに怒れない…


あ、でも朝よりはマシになってきた気がしないでもない。



早く成仏しますように…

春が来た

春がやってきた。

コートの前を開けられるようになってきた。あと、風にイライラしなくなってきたのは私だけでしょうか。逆に言うと、冬の間中、風にキレまくっているのは私だけでしょうか。

まぁ、何はともあれ、春の訪れ。

生命が蠢き、あの瑞々しい季節がまたやってくるのだ・・・!

 

そう、思いっきり瑞々しい。

ていうか、水々しい。

 

主に鼻が。

 

私もこう見えて、現代人の端くれ・・・いわゆるKAFUNSHO(花粉症)というものに侵されているらしい。

 

といっても、病歴は短めなので、マスクも毎日忘れていますし、今年はまだ目玉を取り出したい衝動にもほとんどかられていません。

ひたすらに、鼻、ちり紙を濡らすのみ。

さらっさらの粘度ゼロで、ただひたすら染物のようにティッシュをしっとりさせている。

 

しかし、さらに進むと、口の中~喉がむずむずしてくる。これも絶対花粉のせいだと思うの。あと、耳の中。むずず、むずず、としてくるのです・・・わかる・・・?

 

そして、むずずとしてくると必ず思い出すのが中学の学年主任の先生。理科の先生で、私は大好きだったのですが、その先生が花粉とか受粉とかそのへんの単元のときに言っていたこと、今でも忘れられない。

「花粉は、鼻とか口とかの粘膜に付着すると、めしべと似た環境だから、うまくめしべ(の柱頭)に到達できたと思って一生懸命花粉管伸ばす。」

 

もうね、マジでかーって思った。当時の私は、花粉症とは無縁で、なんなら一生ならないつもりでいたけれども、それでも、マジでーーーって思った。花粉、バカやん。。哀れやん。。あとなんかすごいヤダ。。。って。

 

「だから、むずむずする。」

と先生は言いました。これは、正しいのか分からない、ていうかたぶん違うんじゃないかなーと今は思う。アレルギー反応でむずむずしてるんだから直接花粉管のせいではないのではと。

 

でもねー、うん、違うんじゃないかなーと思いながらも、花粉に日々やられながら、思い出す。んで、「なんかめっちゃ分かる・・・」って思う。笑

このむずむずはね、花粉管伸ばされててもしょうがないなっていう感じなのよ。おぉぉ伸ばしてる・・・って感じするの。私だけですかね。

んで、最後思う。

「落ち着けよ」と。

花粉に言いたい。まず落ち着け、と。ここはお前の巣じゃないぞ、と。どこまで伸ばしても胚珠はないよ、と言いたい。教えたい。あと胚珠って久々に言った。

このままだとお互い不幸だと思うのね、確実に。

 

 

先生、元気かな。そしてどこまでが本当なんですかね・・・笑

甘酒始めました

お久しぶりです。

本当にお久しぶりです。一応生きておりました。ぴんぴんしておりました。

 

なんつーか、書きたいことが全く無くなるという思春期?(たぶん違う)を味わっていました。今もなお続いている思春期?なのですが、たまに書かないと忘れられちゃうかなー、というのと、あと切実なのは自動ログアウトになってPWそのまま忘れそうだなという。

まぁ、結果から申しますと、まさに自動ログアウトになってPWそのまま忘れてました。

再設定ー再設定ー。

 

さぁ、気持ちも新たに(PWも新たに)書きますね。

 

ですが、特に書きたい事件はないので、リハビリブログとして最近はまったことを。

 

最近はまったもの。 甘 酒 。最近はまった、というより、昨日初めて自分で作っておいしさを再発見した、今私の中で一番旬な食品です。甘酒。

もともと子供のころから冬になると母親が作っていて、嫌いではなかったけども、大人になって自ら飲もうとも作ろうともおもいつかない程度の存在でした。

しかし、夕飯に困って粕汁でも作ってみるかーと思い酒粕を買って、そのついでに作ってみたのです。

そしたら、

ヤダ、めっちゃ美味しくない・・・?

と私の中のオバ素(30歳を目前に増加中)が爆発するほどの大フィーバーを見せました。

そして健康にいいらしいということも私の中のオバを刺激。

こんなに美味しくって体にもいいの!?ヤダもー!!飲んじゃう!!

ていう。

甘酒って、「飲む点滴」って言われてるんですってねー。森のバター(アボカド)とか海のミルク(牡蠣)とか畑の肉(大豆)とは一線を画するこのネーミング。体によさそうを通り越している。

点滴というとおり、夏バテで食が進まない人とかにも良いとか、あとダイエットにもいいといかいろいろ言われていますが、まぁ心配なのは「健康で食事ももりもり食べている者が甘酒をゴクゴク飲みまくって良いものか」という点ですね。

飲んだ時点でめっちゃ甘いし、つーかどんだけ砂糖入ってるか把握できちゃうのが手作りの切ないところですね。。

でも本当に美味しいんだよ・・・とりあえず乾坤一の酒粕で作った甘酒はめちゃ美味しい・・・!!!笑

 

今後の目標としては、あらゆる酒粕を試してゆきたい。

とりあえず現時点で3店舗くらいスーパーを回ってチェックしたんですけど、酒粕ほどスーパーによって入荷が違う食品はないのでは(適当)。

酒粕といえばこのメーカーでしょ!という代表メーカーはなく、たくさんの種類があり、だからといって日本酒そのものほど品揃えも豊富に行われないという印象。だいたいスーパー1軒につき2~3種類かな。まだ酒粕歴2日なので今後もう少し調査します。

一回北野エースで見たら、300グラム700円ぐらいしてくじけて帰りました。高い酒粕は金額分の美味しさがあるのか・・・?それも今後の研究課題だわ・・・

 

 

なんか、砂糖が好きなんだわ私。チョコより金平糖が好き。ということで甘酒に行きつくのも自然の理であったと。うん。

腫れやかに晴れやか

あの。抜いてきました。親知らず。

 

特に痛くなったわけじゃなかったんですけど、いつか駆逐してやると思っていたので別件で歯医者行ったついでに思い切って言ったんです。で、じゃあ次回やりましょうということになり、やっと今日。

しかし、数年前に反対側の親知らずが急に痛んで抜いたとき、めちゃめちゃ痛かった記憶があるので、いざ昨日になったら、怖くて怖くてすごくブルーになった。マタニティブルーってこんな感じなのかな(たぶん違う)。

でも近づくにつれて「もうここまで来たらやるしかない!」と心が決まった感じになって。母になるってこういう感じなのかな(たぶん違う)。

 

さて、そんな感じで本日歯医者へ。大掛かりになるので奥の別室に連れていかれる。恐怖。

まず麻酔される。昔の麻酔って、ブスリって感じで「いったーーーーーーーい(´;ω;`)」となったものだったけど、最近って魚の骨が刺さる感じのチクリとした痛みだよね。まだ我慢できる。

 

そして、「痛み止めの薬はもちろん出すけど、事後の痛みを軽減する(回復を早める?)点滴があって、希望があれば打てるけどどうする?」とのこと。点滴打ちながら抜歯されるのだそうです。

事後の地獄の苦しみを知っているだけに、それが軽減するというのならぜひともやっていただきたい。しかし、問題が一つあって、ものすごく注射が嫌いだということ。

昔から嫌いだったけど、大人になるにつれてすごく苦手意識が強くなって、「大嫌い」と言っても過言ではないぐらい。。

点滴ってあれでしょ。ずっと腕に針刺さってるんでしょ。。何それ。。。

すごく迷ったけど、事後の地獄の恐怖のほうが勝り、点滴をお願いすることにしました。

私「注射すごく苦手なんです・・・」

医「そうなんだー、歯は麻酔するから痛くないけどこっちのほうがストレスかもね!!(陽気)」

私「(ほんまやで・・・)(´・ω・`)

医「さて、それじゃさっそく・・・あれ?・・・うーん、それ!」

私「痛い」

医「これ痛い?」

私「痛い痛い痛いめっちゃ痛い」

医「ごめん・・・柔肌を傷つけた。。」

私「ということは!?まだ終わってない!?あんな痛かったのに!?」

医「うん、ごめん。。。痛くしただけだった・・・」

私「(絶望)」

医「血管が太いと見せかけて細いんだよなぁ・・・」

私「(そうなんです持ち主の神経と同じで意外と細いんです!!)」←言う余裕なし

医「押さえると逃げるってどういうこと?うーん・・・難しい」

助手「○○先生呼びます?」←たぶん注射得意な人

医「○○先生空いてる?・・・あ!いけそういけそう!!」

私「(なぜそんなに手探り感を患者に全開)」

医「入ったよ!もう大丈夫!!ごめんね!!」

私、それまで恐怖ですっごい顔していました。刺されているところは当然見れません。

あと、結果的に「そこに刺す!?」みたいな場所に刺されました。

私「私、本当に注射苦手で、採血とかで看護師さんにされるのもすごい痛くてやだって思ってたんですけど・・・今日の注射で、今までの看護師さんは相当痛くないように素早く仕留めてくれてたんだなって今になって感謝の気持ちでいっぱいです・・・」

医「あっはっは!そうか~愛情だけはあるんだけど・・愛だけじゃダメか!ごめんね!!笑」

 

愛だけじゃダメなんだと知った、冬。

 

笑いごとじゃない。

助手「トラウマを植え付けちゃいましたね・・・笑」

まったくです。

 

医「さて、そうこうしている間に麻酔は効いてきたかな?」

うん、注射に手間取って相当時間かかったんでもうばっちり効いてますよ!!笑

 ちなみに、一回注射失敗したため腕には2つガーゼ貼られてた。


さっそく施術。麻酔かかってる感触はばっちりだったけど、ほんとに切られたりしても痛くないのかすごいドキドキしたけど大丈夫でした。お医者さん、よくためらわずに切れるなぁ。「かかりあまくて痛がられたらどうしよう!?」とかビビっちゃう人はお医者さんになれないんだなぁ。仕事ってすごい。

あ、今さらですが、表面には一切出ずに真横で眠っていた下の親知らず(&その上)です。なので切開されたはず。よくわかんないけど。そして、ドリルで砕かれてるっぽいんだけどこれも苦戦していた。「うーん」ってすごい言われた。

終わった後には、「ほかの人じゃかなり苦戦したと思うよ。ちょうど私が担当できて良かったかも」というようなことをおっしゃっていた。注射苦戦してたくせに・・・wと思ったけど、本業でしっかりやってくれたから素直に感謝しなければ。

何を苦戦したのか聞いてみたら、「なんかとにかくガッチリはまってて」とのことでした。「頑固な感じですか?」って聞いたら「そんな感じ」って言ってました。なんですかね、宿主に似るんですかね。

 

いろいろ書きましたが先生がすごくいい人そうだったので、今までになく「痛い」ということを我慢せず主張出来て私としてはとてもいい経験になったと思います。

あとは、麻酔切れてからの痛みとどれくらい戦わなきゃいけないかだなー。あんなに辛い思いしてどれだけ効果があるのか楽しみです。いや楽しくはないな。

そして二次的な効果としては、抜いたほうが腫れてきているため、反対側(通常)を見ると「あれ私本当はめっちゃ小顔!?」と一瞬幸せな見間違いをできることです。笑

 

まぁこれで人生の宿題が一つ終わったような気持ちです!!皆さんも今週一週間おつかれさまでしたー!!(腫れやかに晴れやか)