読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何をやってもダメな日

何をやってもダメな日ってありますよね。

こないだまさにそんな感じになったので、記念に記録しておきます。

 

朝、いつもどおりのはずがなんとなくちょっとずつすべてが遅れて、焦ってました。おにぎりを・・・・おにぎりだけは包んで持っていかねば・・・!!!と必死でアルミホイルを引き出す私。

その刹那。ホイルの筒がケースから外れた。ガターンっつってゴロゴロゴロゴロって綺麗にほどけていくホイル。巻物かよ。書簡かよ。

ちなみに芯はそのまま食器棚の下に転がっていった←まだ回収できてない

 

ホイルを巻き直している時間はなかったので、とりあえずそのままちぎっておにぎりを包む。残りの巻物ホイルはそのままふわっと台所に置いておにぎりを持って飛び出しました。

外見た瞬間、あれなんかどんよりしてる!?でもとりあえずエレベーター。エレベーター来るの待ちながら天気を検索する。そしたら!「今降ってないけど夜降ります、確実に」みたいな予報!今日は夜まで予定があって出歩かなきゃいけない。。

んー・・・折りたたみ傘持ってこよう!!!!(英断。)

走って戻る、鍵開ける、靴脱ぐ、おいてたバッグ探って傘出して持ってダッシュでまた家出る!エレベーターはさっき呼んだから、来てる!!乗る!!降りる!!マンションから出る!!!

 

と、ここで・・・

 

バッグが軽すぎる・・・このバッグはいつも肩に食い込むほどの重みを感じるのに今日は軽い・・・何か・・・何か忘れてないか!?玄関先でバッグをあさる私。

 

 

お財布が・・・ない・・・だと?

 

 

 うわわわぁぁぁぁあああ(泣)

 お財布ってそれ心臓みたいなもんでしょうよ!!!なぜ忘れる!!!


さすがに社会人としてお財布なしで(ないと分かって)出かけられない!!

 

すでに普段より攻めた、危険な時間。でも・・・戻るしかない・・・!!

夜の予定でもお金は使うしいろいろ入ってるししょうがない。

ダッシュでオートロック解除してまたエレベーターへ。走って部屋へ。

さっき折りたたみ傘を探ったバッグからお財布見つける。なぜさっき気付かない・・・(´;ω;`)

もう、バッグにお財布入れてる暇さえ惜しい。手に持って部屋出て通路を走る。

とその時、バラバラって何か舞う。

振り向いたら、nanacoとかICカードとか図書館利用者カードとかが、散乱してました。通路に。

 

説明しよう!お財布を手に持って走ったので、お財布のポケット(ふたがないとこ)から勢いよくカードが飛び出したのである!!以上!!こんなことならバッグにお財布を放り込むひと手間かければよかったネ!!!ほんとにね!!!!

 

あーーーーーーもぉうッッ(´;ω;`)キィーーーーーー!!自分に半ギレでかき集める。

エレベーター乗る。ダッシュ。とにかくダッシュ。

この時点で、電車まで残り2分でした。

ちなみに、いつもはあと6分でも少し焦る感じなのね。絶対間に合うけど余裕はないみたいな。

それが、残り2分だよ、もうねーオワタとおもたよ私。

でも、ここ最近いろんな理由で休みが重なってて、これ以上休みたくなかったので、とりあえず走ったよね。走れるブーツをチョイスしたのが唯一のグッジョブ。マジ走りしました。もう、何度あきらめようかと思ったことか・・・それでも足を止める勇気がなくて、ほらよく遅れることで有名な電車だし今日も遅れてたらちょうど間に合うんじゃないかと思ってとにかく走りました。

器官も足も膝も我ながら超テンパってました。喉がゼイゼイしてました。

いつもは同じ電車に乗る人で道路に歩行者いっぱいいるのに、その日はほっとんど人歩いてませんでしたね。みんなもう駅にスタンバってるんだわ。偉いわ。

 ていうかそういう気付きはいいから足よ動け。頼む。

 

もーー器官スッカスカでゼイッゼイしてたけど、とりあえず電車がちょうど入ってくるタイミングで駅に着。なんとか!なんとか!!滑り込みセーフでしたわ・・!!!あっぶなー!!

だれか私に椅子を・・・席を・・・空いてない・・・

まぁそこは大人なので何食わぬ顔で立ちましたけれども。なお、肩はめっちゃ上下している。

 

もーー私の内臓や器官や筋肉は、普段かなり甘やかされていて、超ホワイト企業、というかニートみたいな感じだったと思うのです。働かなくていいんだよ~普通にしてればそれでいいんだよ~みたいな。それが突然馬車馬のように酷使され、本当にびっくりしたことでしょう。

20分後、電車降りてもちょっと息上がってて。あくびしかけたんだけど空気の吸い込みに器官が耐えきれてなくて、なんならむせました。

 

運動不足を実感しましたね。。ええ、本当に。。


いや、それ以前に睡眠不足というやつかな。。なんつーか最近布団がやたら私に甘くてとろけるほどの優しさで、いつまでも一緒にいたいの。しかし世間がそれを許さない。


私、前は急がば回れっていうことわざがあんまり好きじゃなくって、実感も薄かったんですが、年々この先人の言葉の重みを感じることが増えている。このことわざ、大人の階段一段ぶんあると思う。


さて今夜は早めに寝ますかねー。