読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女子大生の会話とユニクロ

あけましておめでとうございます。

毎年あっという間に新年がやってくる、そして今年(昨年?)は年末年始の休みが短かった〜・・・

今日月曜日から通常営業なんて・・・分かっていたけど、朝起きて、外がまだ暗くてびっくりしたよ。

数日間、明るくなってから起きてたからなぁ。

ちなみに、真っ暗なうちから初もうでに行くとか、一度もしたことない。

毎年祖母の家でモチ食って駅伝を見ています(BGM程度なので内容は全然分からない)。


さて、今日はいやいや会社に行きましたが。

帰り、ユニクロで極暖とやらを買ってみようかと思って電車に乗ってたら、隣のシートに座ってる女の子たち(大学生なりたてくらい?)の日本語が危うくておもしろかった。

A「修学旅行どこいった〜?」

B「うち関西までだったけどー、ほとんど新幹線だったー」

A「えーめっちゃ遠いじゃん!大変じゃなかったー?」

B「あーでもー、座席ひっくりかえせるじゃん?だから向かい合えて楽しかったー。」

A「あーあのパーティー席にできるやつね!!」

パーティー席。笑

B「えっ!?あれパーティー席っていうの!?なんか絶対違くない!?」

さすがに異変に気付いたB。

A「えっでもさー絶対なんか名前あるよね!!なんだっけ〜なんだっけ〜」

B「でも絶対パーティーじゃなくない?ていうか、もう名前とかないんじゃないあれ〜」

A「えーでもなんか名前はあるって〜パーティーじゃないっけ?」

もう、よっぽど横から「ボックス席!」って言いたかった。越後製菓ばりに言いたかった。

言えなかった。新年早々悔いが残った。


A「でも新幹線大変だね〜」

B「でも意外といけた〜」

A「グリーン列車とかなら良さそう〜」


地味にグリーン列車気になったわ・・・笑

そのあとも、なんか列車系の話をしていたのですが、

B「なんかさー、夜列車の中で寝られるやつとかあるよねー」

A「あー夜行性みたいなねーあるよねー。」

性いらない!生き物っぽい笑

でもBは「あーそうそうー」っつってた。

そして最後

B「Aはどこ行った〜?」

A「なんか〜関西だったんだけど、先生の意向で広島にも行ったの〜。歴史財産は見といたほういいよっつてさ〜。」

たぶん世界遺産と見ました。まぁ通じるけどね。


そうこうしているうちに駅について、彼女たちも去ってしまいました・・・もっと聞きたかった。

言い間違ってるのはすべてAでしたが、そのすべてをスルーするBのスキルもものすごく高いと思いました。

私だったら間違いなく夜行性はつっこんでるなー。


さて、そんなわけでユニクロに行き何やらいろいろ買いました。

ほかの店ではそんなことないのですが、ユニクロだけはレジでお会計するときに、「え!そんなに!?」とその合計金額の高さにびっくりするのはあるあるでしょうか。

なぜかユニクロでは「服」ではなく「消耗品」を買いに来てる!って意識が無駄に高くなってしまい、簡単に買っちゃうんだよねー。

たくさん持ってるしお世話になっているのですが、

ユニクロに行くと「お買いものした♡」っていう満足感ではなくて、なんかちょっとだけ「悔しい!」ってなる。

たくさん頼っているのに、頼りになる味方とか相棒という感じには決してならず、

仲は良いが要領が良すぎて親友にはなれない友人に接したような気持ちになる・・・うまく言えないけども・・・たぶん全然伝わらないんだけど・・・笑

一緒にいるとき(店にいるとき)はけっこうなかなか楽しんでるのに、別れてふと我に返ると、なんかうまいことあいつの思い通りに!なんか悔しい!という。このもやもやをなんて呼ぶの。

あいつ商売うまいよなぁ・・・・・・

でもいろいろ買って嬉しいです。結局なにもかも満たされる。浜崎あゆみが胸にしみる。


今年は購買活動に並行して、断捨離も頑張ります。

ではでは新年もどうぞよろしくお願いします。