読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

甘酒始めました

お久しぶりです。

本当にお久しぶりです。一応生きておりました。ぴんぴんしておりました。

 

なんつーか、書きたいことが全く無くなるという思春期?(たぶん違う)を味わっていました。今もなお続いている思春期?なのですが、たまに書かないと忘れられちゃうかなー、というのと、あと切実なのは自動ログアウトになってPWそのまま忘れそうだなという。

まぁ、結果から申しますと、まさに自動ログアウトになってPWそのまま忘れてました。

再設定ー再設定ー。

 

さぁ、気持ちも新たに(PWも新たに)書きますね。

 

ですが、特に書きたい事件はないので、リハビリブログとして最近はまったことを。

 

最近はまったもの。 甘 酒 。最近はまった、というより、昨日初めて自分で作っておいしさを再発見した、今私の中で一番旬な食品です。甘酒。

もともと子供のころから冬になると母親が作っていて、嫌いではなかったけども、大人になって自ら飲もうとも作ろうともおもいつかない程度の存在でした。

しかし、夕飯に困って粕汁でも作ってみるかーと思い酒粕を買って、そのついでに作ってみたのです。

そしたら、

ヤダ、めっちゃ美味しくない・・・?

と私の中のオバ素(30歳を目前に増加中)が爆発するほどの大フィーバーを見せました。

そして健康にいいらしいということも私の中のオバを刺激。

こんなに美味しくって体にもいいの!?ヤダもー!!飲んじゃう!!

ていう。

甘酒って、「飲む点滴」って言われてるんですってねー。森のバター(アボカド)とか海のミルク(牡蠣)とか畑の肉(大豆)とは一線を画するこのネーミング。体によさそうを通り越している。

点滴というとおり、夏バテで食が進まない人とかにも良いとか、あとダイエットにもいいといかいろいろ言われていますが、まぁ心配なのは「健康で食事ももりもり食べている者が甘酒をゴクゴク飲みまくって良いものか」という点ですね。

飲んだ時点でめっちゃ甘いし、つーかどんだけ砂糖入ってるか把握できちゃうのが手作りの切ないところですね。。

でも本当に美味しいんだよ・・・とりあえず乾坤一の酒粕で作った甘酒はめちゃ美味しい・・・!!!笑

 

今後の目標としては、あらゆる酒粕を試してゆきたい。

とりあえず現時点で3店舗くらいスーパーを回ってチェックしたんですけど、酒粕ほどスーパーによって入荷が違う食品はないのでは(適当)。

酒粕といえばこのメーカーでしょ!という代表メーカーはなく、たくさんの種類があり、だからといって日本酒そのものほど品揃えも豊富に行われないという印象。だいたいスーパー1軒につき2~3種類かな。まだ酒粕歴2日なので今後もう少し調査します。

一回北野エースで見たら、300グラム700円ぐらいしてくじけて帰りました。高い酒粕は金額分の美味しさがあるのか・・・?それも今後の研究課題だわ・・・

 

 

なんか、砂糖が好きなんだわ私。チョコより金平糖が好き。ということで甘酒に行きつくのも自然の理であったと。うん。