読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画レビュー!『ミュージアム』観てきました

定時で上がって、観てきました。1,100円だったので。
レイトショーのほうが余裕あるなーとは思ったけど、終わるの23時半とかだと帰り道怖いかも?と思い、人の多そうな夜の回にしました。
これは結果的に正解だったけども、代償として高校生友達同士と高校生カップルと大学生カップルでほぼ埋まっているなか、ひとり映画を満喫するという事態と相成りました。
そっかー、高校生ってこういう映画観るんだー。なんかごめんね。って思った。

さて、肝心の映画だけどもね…うん。怖かった。特に導入部ね。まぁ漫画読んだから分かってはいたけどね、
もう、刑事とか危ない!自分の息子が刑事とか、ダメ、絶対!!(←いない)
ていうか、娘に一人で夜道とか歩かせられない、ダメ、絶対!!(←いない)
という気持ちになりました。

観る前に、一応レビューをさらりと見たのですけどね、「リアリティがなさすぎる」みたいな意見が散見されたわけです。
しかし、観た感想ね。
リアリティとか関係ない。ひたすら、
怖ー!いや、怖い。世の中怖いわー。用心して生きて生きたい所存。
みたいになる。リアリティとかよく分かんなかったですね。怖かったです。

あとね、夕食時上映だったのでポップコーン頼んだんだけど、私、Sって発音合ってたよね?という山盛りでね。焦ったー。でもSだったー。
そして、こんなにあるーという喜びでね、着席早々もりもり食べてたわけです。
しかし。映画中は、若者に紛れてもりもりポップコーン食べるのが少し申し訳なく、また恥ずかしくて。

この映画、「雨が降ると、奴が来る。」のフレーズどおり、土砂降りのシーンが多いのでその雨音に隠れて、ポップコーン食べてたんですけどね。
つーか、怖いシーンが続いて、精神を保つためにひたすらポップコーンを食べてたんですけどね。
土砂降りが降る限りもりもり食べてた。そしたら開始数十分で、ポップコーンの容器の底に触れた訳です。
嘘だと思ったんだけど、何度触っても底なのね。
まじ雨降りすぎやん…

もとい

私ポップコーン食べすぎやん…

焦ってポップコーンセーブする私。

でも、これからこの映画観ようかなって思ってる人に言いたい。
後半に行くにつれて、室内のシーン増えてくるから。室内のシーンでポップコーン食べるとめっちゃ目立つから。
シリアスなシーンでポップコーンもりもり食べる大人みたいになるから。
気をつけなはれや。

結論としては、土砂降りに任せてポップコーンを食べてもプラマイゼロになります。後半食べづらくなります。前半で食べちゃってもオッケー!以上!


みんなが気になるクライマックスは、
小栗旬ー!
しょうたー!←役名しか分からず

そして
妻夫木ー!いい味出してんぞー!
みたいになるから。要チェックやで…!

レビューでもなんでもない。笑


あと、最後に言いたい。
ワンオクの主題歌は、エンディングにしか出てきません。
まじでエンディングにしか聴けません。
以上です。