読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クリーニングが苦手

クリーニングが苦手です。

1.まず持っていくのがめんどくさい。

2.持ち込みと引き取りの二度手間感。いや二度手間じゃないんだけど、一発で決まらない、一気に終わらせられないスッキリしない感。

3.持っていく時に紙袋とかに入れて持ってって空の紙袋持って帰ってきて、引き取る時に空の紙袋持って行って中身入れてもらって、っていう、二度手間に次ぐ二度手間感。

4.↑に関連して、事前準備が必要なため思い付きで寄れない。どこかに行く途中で預けても空の紙袋が邪魔になるし、帰り道に引き取りに行こうと思っても紙袋とか持ってない、ってなる。

これに関しては、持って行った紙袋をそのままお店で預かってくれて、引き取りのときまたそれに入れて返してくれるお店とかあるけどもね。知ってます、そういう便利な制度があることは。素敵。

でも、私の近所のクリーニング屋さんではやってないので、よそにあろうが関係ないです。

というか、「紙袋のお預かりサービスは、お客様トラブルが生じたため廃止します」みたいな貼り紙してある。何があったんだ……


このように、わざわざ行くにはちょっと面倒で、ちょっと重くて、とてもめんどくさい。そんなクリーニング。

しかし、私が言いたいのはここですよ。

5.持ち込むまでいくらになるか分からないシステム


もうね、ほんとこれ。いや、毎日ワイシャツ出してますとかそういう常連とかはいいと思う。比較しやすいと思う。

でもねー、私が出すのって結婚式のワンピースドレスか礼服か冬のコート類だけなんですよ。すると、何が起こるか。

値段を忘れる。

(覚えとけ)

近所のクリーニング屋さんの比較が困難。

そしてさ、ネットで何でも調べられる現代において、クリーニングの金額ってほぼどこにも載ってないよね。半個人事業主みたいな感じだから?そもそも同じ店名を冠していても金額違うっぽいし。

かつ、お店の外にバーンと金額出てない場合も多いので、通りすがりにさりげなくリサーチ作戦も百発百中失敗します。私の場合。

そうすると直接聞くしかないけど、持って行って、金額聞いて、「じゃあやっぱいいです」とか言ってる人見たことなくない?というか私さすがにそこまで出来ない…


となると、まぁ覚悟決めて出すしかないわけだよね…


違っても数百円だろうけど、コートとかシーズン終わったら8着くらい出すとするじゃん。そしたらやっぱり1,000円は変わってくるわけだよねー。

うーん。


食べ物とか服みたいに、違いが分かれば値段以外で選ぶ根拠になるんだけど、仕上がりの差が分かんないしな…違いの分からない人間。


まぁ、あれですね。昨年の覚えとくなり何なり、方法はなくはないので、そのへんはもう自己責任ですねー。

あ、結論出てしまった…笑