読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケーキカットについて

ケーキカットっていいよね・・・

唐突に始まった語り。

いろいろ結婚式とか呼んでもらうけど、定番でありながら、やっぱり盛り上がるイベントの一つ。意味とかはさておいても見ててやっぱり幸せな気分になれるものです。

私的グッとくるポイントがいくつかございまして。

まず新郎がカットするケーキの大きさ。たいてい、小さい。新婦を困らせない大きさ。かわいい。新婦を困らせない新郎、かわいい。

そして、新郎が新婦にケーキ食べさせる時の新郎の表情ね。たいていめちゃくちゃ愛おしそうな顔をしてます。意外と披露宴って新郎が新婦を見つめるシーン少ないんですけど、このときばっかりはジッと新婦を愛おしそうに、それはそれは愛おしそうに見つめてるんですよ。
だいたい新婦がケーキを食べるかわいさに目を奪われがちなんですけど、あとだいたい写真撮るのに必死なんですけど、新郎の表情をぜひチェックしてください。

んで次、新婦のスプーン選び。新郎にケーキを食べさせるスプーンを選ぶ。
だいたい2~3種類のスプーンが登場して、一番大きいスプーンが選ばれる。
で、ですよねーッ!ってなる。あの安定感。だよねーっそれだよねっだよねっ!!ていう選択の安定感。

そして最後、新郎にケーキ食べさせる新婦の力量はさすがと言わざるを得ないんだけど、私が好きなのはそのあとのナプキンで新郎の口の周り拭いてあげるところ。あそこ意外と人それぞれで面白い。笑
人によって、やさしさ、たくましさ、おちゃめさ、母ちゃん感などが垣間見えますが、どんな拭き方でもそれぞれグッとくるものがあり、愛情が感じられ、あれいいよねーほんと。

以上、私のケーキカットおすすめポイントでした。
もちろん夫婦のスタイルがあると思いますので、それも含めてそれぞれ素敵なんですけどねー。見てて楽しいし。

 

さて、ここで2番目に書いたスプーンなんですけどね。
ケーキカットの最中、あのスプーンを選ぶシーンで毎回よぎってしまうこと。

(小さい普通のスプーンのかませ犬感がはんぱねぇ・・・)

上記のとおり、大きいスプーンがメインなのは当然なのです。あの、
どれ選ぶ?かーらーの、やっぱり一番大きいの!
っていうの、みんな好きなの。見たいの。

だから、小さいのもだれか選んであげて!とかそういう話じゃないんですよ。

ただ、よぎるだけ。んで、小さいスプーン、頑張れ!ってこっそり思う。
お前の真価はここじゃないぞ!って。

どうか小さいスプーンが自分の役割を割り切って考えられてますように。
さらに願わくば、普段は普通のスプーンとしての役目をまっとうしていますように。そしたら、自分はスプーンだという自尊心を持って様々な仕事に挑めると思う。
だからどうか、ケーキカット用に分けて収納されてるスプーンとかじゃありませんように。笑
この世にスプーンとして生を受けながら(生きてないけど)、99%負ける試合に毎回出るだけのスプーン道だとしたら本当に気の毒すぎる。

まぁここは一瞬よぎるだけで、やっぱりおっきいスプーンが選ばれて、わーって盛り上がるし、やっぱり新郎がクリームいっぱいつけるとことか見たいわけです。

私も機会さえあれば確実に大きいスプーンを選ぶと思います。

 

以上です。笑