読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親友の結婚式、そして更年期疑惑

もうほぼ半月前になってしまうけど、大学時代の友人の結婚式に行ってきました。

親友と呼ぶのが照れるくらい心の距離感近い友人だったので、それはそれは感無量だったわけで、

もうね、号泣した。

学生時代は下らない話を常に一緒にしてた彼女がね、そして社会人になっても割とくだらない話を常に一緒にしていた彼女が。

そんな彼女がイケメンな新郎の横に美しく寄り添っているところを見たら、もう、もう、こみ上げるものを我慢できなかったー。

バージンロードはグッときたけどまぁなんとかこらえて、

フラワーシャワーでは花びらが生花だったので、これ高いやつじゃん!とか言ったくらいにして、

披露宴で新郎新婦入場でうわーと第一弾来て、

お色直しもすごくかわいくて、扉開いた瞬間「かわいいーーー」と大泣きして、

えっと、ちょっと新郎殿が引いていました、たぶん。

友人スピーチという大役を、もう一人の親友と一緒に任されていたのですが

案の定そこでも読みながら手がわなわなするほど号泣し(緊張もし)、

なんか、感動の涙を通り越して、我ながら若干更年期のおばちゃんぽかった。

この場をお借りして、新婦、そして一緒にスピーチした友人、ごめんよ…

ちなみに新婦本人は、新婦からご両親への手紙、立派に読んでいました。

そして私はここでも泣いた。

あの、ほんとに更年期始まってないかな・・・?

今からこんなおばさんらしさを備えていて、将来相当の精鋭おばさんになるんじゃないかっていう不安と自信がものすごいです。

今さらながら、親友の結婚式と私の更年期を並列して申し訳ない。笑



結婚式が東京だったので、前日、平日休みを取ってディズニーシーに行ってきたんだけど、

初めてトイストーリーマニアを体験。

そしたら、あれシューティングゲームなんだね(それすら知らず並ぶ友人と私)。

んで、ゲームするとキャラクターたちがそれぞれ「うまいうまい!」的なこととか「やったね!最高!」的なこととか言ってくれるのね。

それがなんか、「みんな褒めてくれる…優しい…!」って嬉しくて、泣きそうになったのが我ながらびっくりしました。どんだけ褒め言葉に飢えてた・・・!笑

特に、グリーンアーミーのメンズたちが、「私が全責任を取る!放てー!!」(細かいところあいまい)とか言ってたときは、「優しい…!頼り甲斐ある…!」と心底感動して、ちょっとうるうるしながらシューティングしていました。

…ちょっとアレですよね。やばい。私はそんなに日々の生活に鬱憤がたまっているのでしょうか。

ということで、今年度は涙腺と心をいたわっていきたいと思います。