読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お久しぶりです。美容院行ってきた。

みなさまお久しぶりです。かなりお久しぶりです。お元気でしたか?

もういつから更新してなかったんだろう。

その間私は何をしていたかというと、東京に2週間研修に行かせていただき、六本木に通勤したり飲んだりしていました。ええ、説明ではなく自慢です。ふふ。楽しかったー!

でもって、東京に行ったことが自慢になる地方都市の愛しさと切なさよ。心強さは、特にない。

さて、自慢しといてなんなんですが、全然違うこと書きます。

タイトルに書いたとおり、髪切りました。

もうね、髪が度重なる湿気でアラブっておりまして。いや、荒ぶっておりまして。(素で変換ミス。)

(しかしもじゃもじゃクルクルしていたので、そういう意味ではアラブってるもあながち間違いではない。)

髪が伸びるにつれてくせ毛の自己主張がすごいことになっていたので、これはもうパーマネントだな、と。

でも、いつも行ってる美容院の担当さんに前回「パーマかけたいかもしれない」と言ったところ、「やめとけ」とのこと。傷んでるから。

どーしてもかけたいかけたい!って言えばかけてくれたと思うけど、たまには浮気してみようかな?ということで、私には珍しく意識高い系の美容院に行ってみることに。

意識高い系の美容院ってなに。って感じですが、「本物の技術」とか「○○コンテスト優勝●●」とか「髪の健康にとことんこだわる」的なお店、あるじゃない。

あーいうお店、チキンな私にはハードル高い。いつも、優しそうなお店を選んじゃう。

しかし、今回は髪の不健康さもかなり気になっていたので、勢いで予約して勢いで行ってみました!

なんとなく心は変化を求めていて、ちょっと期待していた。

んで。

えっと。

まずね、私の髪のアラブりっぷりと傷みっぷり?に、失笑していた。

担当(=店長)とアシスタントが、アイコンタクトして笑ってた。(どーするよコレ?)的な。

客は何も知らずに雑誌読んでると思ったら大間違いですよ。全部見てる私傷心。

ま、でもこれは確かに私の髪の状態が悪いからねー!と気を取り直して、シャンプー。

どうやらこのお店は、シャンプーにこだわっているらしい。

「よく、傷んでるからトリートメントしたほうがいいよ!とかどこの店でも言われますよね。でも、うちはそういうこと言わないすから。だって、トリートメントしても髪の状態ってすぐ戻りませんか?つまり、トリートメントって髪を回復させることはできないんすよ。だったら、日々のシャンプーをいいものつかって、傷ませない。それがうちの店の考え方なんすよ」

ってさっきの失笑アシスタントが私に教えてくださった。

「まぁ俺は勉強してるんですぐわかるんすけど、薬局でよく売ってるシャンプーの薬剤は床用の洗剤と同じ成分なんすよ。そりゃ、髪傷みますよね?」

って、教えてくれるのありがたいんだけど、なんつーか好感度ゼロだな。笑

「うちのシャンプー、まじ評判いいんで。全然宣伝とかしてないんすけど、口コミの7割くらい?はみなさんシャンプーのこと書いてくれてんすよ。ちょっと後で見てみてくださいよ」

ということを延々言われ、私の髪にはどのシャンプーが合ってるかとか現物持ってきてくれて、金額も教えてくれて。

えっと・・・これは、宣伝ではないのかな?

久々に字の大きさを変えるくらい、腑に落ちんかった。

あまりにシャンプーのことばかり言うので、「このお店に来てる人で、ここのシャンプー買わない人はいないんですか?すごい通いづらそうですね」と聞いてみたら、「あー、いますよ。まぁ、あんまり興味ないんじゃないすか。自分の髪に」

興味ないのにこんな美容院に来るだろうか。(いや、来ない)

最後のお会計のときは「俺、今日趣味とか仕事とかの話に全然触れなかったすよね。もうシャンプーと髪の話しかしないすから、俺」

え、え、なんのアピールーーーーーーー。いや、マジで。

「でも、次は趣味とか聞きますから。あ、ちなみに〜、何のお仕事されてるんですか」

いや、今聞くなよ。もうお会計だから。話膨らんでも困るし、膨らます気もないだろお前。

取ってつけた感すごいなオイ。

ということでつっこみどころ満載であった。

しかし、最もつっこみたいのは、

最終的に、そこのシャンプーを私が買った

ということです。笑

いやーあのね!確かにお店でやるトリートメントはあんまり効果感じないなーと常々思って、だったらその分一回シャンプー買ってみてもいいかな?と消費者心がうずいたのでした。

失笑アシスタントの口車に乗ったみたいでしゃくだけど、いや、確実に乗ってんだけど、だからこそこの機会を活かしてより自分の髪に良いことを模索したいなーと思いまして。一度試してみたかったの。

帰りのエレベーターでは、「次お店来たとき、俺、髪ちゃんと洗えてるかチェックするんで。」とか言ってましたね失笑アシスタント。もうその自信どこからくるの。逆にうらやましい。


しかしねー、ネットで口コミを見ると「すごく丁寧に髪のことを教えてくれて良かった!」とか「髪のチェックで合格点をもらえてうれしかったです★」とかねー、すごくポジティブなコメント書いててさ、みんなこの対応をプラスに捉えてるんだなー。髪のチェック?え、何の権限で?何様?と思っちゃう私が陰険なのか…www人生勉強になりました。


あ、そして一番大切な髪の仕上がりなのですが、

作曲家かな?

それか、戸愚呂兄弟(兄)かな?という感じです。

ゴリラにサングラスかけて肩に乗る練習でもしようかな。

以上。あー長かったですね。読んだ方お疲れさまでした。