読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんの成果も

ちょっと早めに帰ってこれたので、最近の、なんか漫画読みたい!という気持ちを叶えるべく、ひっさびさのTSUTAYAに行ってきた。

こないだ行こうと思ったら、お財布を職場に忘れて行けなかった。

一応悪あがきして「TSUTAYA カード忘れ」で検索してみたけど、カードがないと借りれないとの声が知恵袋に轟いていたので。

「店員によっては、身分証明書で貸してくれるかも?」という意見を見て、「なるほど!チャレンジするか!」と思ったその次の瞬間「つーか身分証明書も財布の中じゃん!」て一人のりつっこみして終わったさみしい思い出。

んで、そんなTSUTAYAにやっと行けたのですけど、結果、なんか借りたいものがなくて手ぶらで帰ってきた。

その時の私の気持ちはまさにこんな感じです。


もうほんとね、一時間弱TSUTAYAいたけど。一時間前のわくわくしてた私ごめん。。

何冊か気になるのはあったけど、10冊500円にするのに満たないしなーとか、これ読んだら怖くて一人で部屋いたくなくなるなーとか、もはやどの表紙見ても見たことあるような気もすれば初めて見るような気もするし、どの巻見ても読んだような気もするし読んでないような気もするし。

しばらくぶりの漫画は登場人物覚えてないし。

頭が不要と判断した記憶をどんどん断捨離していく。。

そんなわけで、手ぶらででてきちゃったわ。

しかし本屋は楽しいねー。

あんまり買わないし読まないけど、本屋をうろうろすると、綺麗な料理本や旅行本や自己啓発本を眺めて、人生をこんなにも充実させる手段があり、充実させようとする人がいるのかーと刺激になるし(刺激になって終わるけど)

自分がふと手に取る本を見て、自分は数ある本のなかからこれを手に取るのか、へー。と客観的に嗜好を知れて面白い(まぁ完全に主観で手に取るんだけど)。

あと、家計簿とか手帳とか見て、こんなに複雑なツールを使いこなす猛者がこの世にいるのか、しかも結構いっぱいいるみたいだわ、と世の中の人々に思いをはせることもできる。

ほんとね、家計簿とか。あんなのホントに毎日書いてる人いるの…すごすぎるよー大人。主婦。

そういうの、すげーすげー、ほんとすげーと思いながら、自分の日々について考えるのが本屋の楽しみ方です。

本自体はほとんど買ってないし、むしろほとんど読んですらいないんだけどね。

なんて安上がり。無料で本屋パワーだけ得て帰ってきています。

でもそういう人いっぱいいるよね?

なので、気になった本をサクサク買って読む人って憧れるなぁ。

話がずれてきたので、この辺で終了!