読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何事もなかったかのようにまた始める。

どうも、お久しぶりです。


かなりお久しぶりです。


さて、それではこないだめっちゃはっきりした物言いの店員さんに出会ったことを書きます。

二週間ほど経った今でも忘れられない…笑


ふらふらーっと目で買い物を楽しんでいたのですが、可愛い旅行かばんを見つけて気になって見てたら話しかけられた小さい店員さん。
小さくて元気いっぱい!て感じのお姉さんで、三十代半ばくらい?
なんとなく大沢あかねを思い出すちっちゃいお姉さんでした。

はっきりした口調で商品のいいとことか言われ、ふんふんときいていたんだけど、
かばんは私が見てた紺色のほかに黒とか色違いがあって、
私も明らかに紺がいいなと思いつつ、踏ん切りつかなくて「色違いもあるんですね」と話振ったら、
「はい!でもお客様には絶対紺だと思います!絶対似合います!!」
といわれ、確かに黒が似合わないのは自負しているので「黒は私には合わないですよね?」と言ったら、
「はい!お客様ですと、血迷われた感が!ございます!!」
と。ち、ちまよわれたかん。
黒ですよ。似合わないとは言え最もベーシックな色の一つですよ。
そんなに全力で黒否定するなよ…大沢姉さん…(´・ω・`) 


衝撃ではあったが別に嫌いにはならなかったので、かばん自体のかわいさもあって購入に至った私。

お会計中も話してて、トレンチコートをずっと探してるんですよねって話をしたら、
「トレンチですと、その年その年でトレンドが全く違いますので、自分に合った形が流行るときに買ったほうがいいですよ絶対!!」といわれ、まぁそうだなーって思って聞いてたら
「トレンチってただでさえ着られてる感出やすいアウターなので!お客様ですと、さらに!着られてる感じになるかと!今年の作りは長めなので、余計!!!」と念押しされる。
「確かに、女優トレンチとか流行ったときは探すのやめました」って言ったら、「やめまs」あたりでもう「あー絶対!ダメです似合いません!!」と。
確かにどこからどう見ても女優ではないですけれども。
女優風でもございませんけれども。
分かってるから、私が女優であることをそんなに全力で否定するなよ…大沢姉さん…(´・ω・`) 

というだけの話。

あまりにはっきりしてるから、むかつく!って気持ちにもならなかった。笑
ただ衝撃で、その余韻で今もたまに
「あの大沢あかね店員さん、強かったなぁ」と思い出します。


うぉー忘れたい!ってほどでもないし、
でもどっちかというと忘れていいなぁという思い出。
どうしたら忘れるかな。笑